青汁アレンジ探検隊!効果と感想はいかに。。

青汁の効果と美味しく飲むためには

青汁1
青汁はたくさんの野菜を取り入れることが出来るため、野菜嫌いの人にとてもオススメの飲み物です。しかし、難点はその味です。お世辞にでも甘いものとは言えず、のみたいけど味が苦手で無理という人もいるのではないでしょうか。では、青汁の効果とオススメの飲み方を紹介します。

 

まず、効果は美肌や健康に効果があります。

実際に1年くらい毎日飲んでいたのですが、即効で感じた効果は便秘改善です。

これは飲んで比較的すぐに効果がありました。そして、野菜をたくさん取り入れることが出来るのでお肌にも効果がありました。飲み続けることで肌荒れが少なくなりましたし、ハリが出てきたような気がします。また、身体が軽くなり疲れが取れやすくなったので健康にも効果があります。しかし、魔法の薬ではないのでこれらの効果が出るまでにはある程度の時間が掛かるという事を覚えておいてください。

 

次に、効果を出すためには続けなければいけないのですが、続けるためには味は非常に重要です。

味が美味しくなければ続けるのは困難になります。ですが、今は甘い青汁もあるので、そこまで心配はいりません。もし、苦いのが苦手な人は甘く味付けがしてある青汁を選ぶ必要があります。それでもまだ苦いと感じる人は牛乳と割って飲んだり、ハチミツを加えるなど工夫をすれば苦味が気にならなくなります。

 

青汁は野菜嫌いの子供にも是非飲ませて欲しいので甘くすることはとても大切です。しかし、飲む目的が美容や健康なら甘くしても良いのですが、ダイエット目的の人は甘くすると糖質が多くなってしまい、ダイエット効果が薄れてしまう可能性があるので、糖質が多く入っている青汁は控えた方が良いです。普段の食事では取りきれない野菜を取る事が出来るので積極的に飲む事をおすすめします。まずは、自分に合う青汁探しから始めてください。

続けたいけど飽きてきた人にお勧めの青汁の摂り方

青菜のエグみや独特の青臭さも抑えられ、最近はずいぶん飲みやすい商品も増えてきた青汁ですが、健康のためとはいえ毎日飲んでいると余程好きでない限りそのままでは辛くなってきます。

 

お茶のように飲めますが、やはりお茶と違って飲みにくさはあるので、味は嫌いじゃないけどいつの間にか飲まなくなっていた、という事もあると思います。
面倒な事はナシで、シンプルに液体に溶かして飲む方法で青汁を摂りたい方には、お水や牛乳、豆乳などをちょっと冷たくしてから青汁を溶かす事をお勧めします。
常温の液体で溶くと青臭さに加え、粉っぽさも余計に感じてしまうので、冷やす事で飲みやすくする事ができます。

ただしキンキンに冷たくすると体が冷えてしまうので、ひんやり感じる程度にしておくのがベストです。

 

冷たくした豆乳に青汁と三温糖を1さじ入れると、抹茶オレのようで飲みやすく体にも良い健康ドリンクが簡単に出来上がります。体調を良くしたい、野菜不足を改善したいなど青汁を飲む目的は様々だと思いますが、こちらのドリンクはお通じを良くする効果と美肌効果も期待できるので便秘気味の方やお肌を綺麗にしたい方にお勧めです。

 

抹茶のような風味と色を活かして、粉末タイプのものはお菓子に混ぜたり、パスタの生地に混ぜ込んだりと色々工夫出来ます。白玉粉に混ぜてお団子を作り、缶詰のあんこを乗せれば簡単で美味しい和スイーツの出来上がり!あんこは粒タイプのものを使うと食物繊維がより多く摂れますのでこれも便秘改善におすすめです。
青汁3
粉っぽさが気にならないという人は、粉末の青汁に黒蜜を垂らし、少し練ってお茶受けにするのも手軽でいい方法です。
青汁は続けないとなかなか効果が実感しづらいし、せっかく効果を実感したからには長く続けたいものですので、工夫して青汁倦怠期を乗り切りましょう!

青汁をお菓子に!

元々、健康にはとても気を使う方で、食事もバランスを良いものを、と心がけています。
しかし、最近の野菜の高騰でレタスやキャベツがなかなか買えなかったり、調理の過程において、加熱されることで野菜の栄養が逃げていってしまい、十分に野菜の栄養を摂取できていないかもしれない、という案がありました。

そこで、家族の健康を考えて、青汁を取り入れてみることにしました。

「飲みやすい!」というキャッチコピーの商品を選びましたが、確かに、他の商品に比べて飲みやすいことは飲みやすいですが、それでも家族の評判は悪く、私だけ飲んでいるという状態で、なかなか消費できませんでした。
「なんとか家族にも青汁を美味しく飲んでもらいたい!」と、インターネットでたくさんの方法を調べ、実践したりもしました。
牛乳や、豆乳で割って飲む、お湯割りにする、野菜スープに入れてごまかしてしまう、本当に色々試してみました。
しかし、味は薄まるものの、「やっぱり青汁味するから…」と結局、無駄な作戦でした。

 

そこで、同じ料理でも、全く視点を変えてみることにしました。

ひらめいたのが、「お菓子にしてしまう」ということ。

普段、朝ご飯に手作りのパンや、おからやサツマイモなどをつかったヘルシーなケーキを作るようにしています。そこに取り入れてみてはどうだろう?と思ったのがきっかけです。

今までの失敗で「青臭ささえなければ…」という家族の言葉がどこか頭の中に引っかかっていて…「青臭さがない青汁の粉イコール、抹茶っぽくなるのではないか?!」と思ったのです。

そこで、まずはパウンドケーキに青汁のパウダーを入れてみることにしました。

青汁3
これが、大成功!高温のオーブンで焼き上げられることによって、青汁の青臭さが飛んで、ほんのりとした苦味だけが残り、まるでお抹茶!
家族からも大絶賛で、抹茶ケーキと言って出してもばれませんでした。後で「実は青汁が入っているよ」と種明かしをしても、全く気にならない!とパクパク食べてくれます。
これに気をよくした私、焼き上げて青臭さを飛ばせば良いということを学び、シフォンケーキや、カステラ風など、色々挑戦し、さまざまなお菓子に応用できることが分かりました。

 

小豆や甘納豆を入れれば、和スイーツ感が増して、さらにオシャレになります。
こうして、我が家ではこつこつとお菓子からも野菜を摂取しています。
もし、「お子さんが野菜を食べてくれない」だとか、「青汁買ってみたけどまずくて飲めない!」など、悩んでいる方には、「青汁をお菓子に!」をお勧めしたいと思います!

 

私の好きな青汁レシピも掲載されてるサイト

 

【青汁の母】の青汁ランキング|家族レポートと症状別ガイド

 

上記のサイトって青汁の試した数も半端ない感じなんですが、レシピとか、機能性表示の青汁とか、トクホとかまで掲載されてて便利なんですよねー!で青汁のヨーグルトレシピとか面白コラムも豊富なのでオススメ

更新履歴